2017年8月23日水曜日

釜山ロケ作品『憧れ』上映情報、イラン映画祭レポート

色々とご報告すべきことが溜まってしまいました。

・5月に韓国で監督しました短編『憧れ』の上映が始まります。
まず9月は福岡、10月は香港で行われます。
福岡は9/10(日)12:10から福岡アジア美術館で行われる福岡インディペンデント映画祭にて
http://www.fidff.com/index.html#menu-2
香港は10月の上映予定です。
予告編はこちらからご覧ください。


[あらすじ]
釜山に住む妊娠7ヶ月のライター・ミナ(28)は、つわりがひどくしばらく仕事を休んでいた。やっと仕事に出れるようになったミナは、「釜山に住む人々の最初の記憶」をテーマにした記事を締め切りに間に合わせるため奔走する。ミナはまだ胎動を感じていなく、不安を抱えながら町を歩く・・・

・短編『せんそうはしらない』がイランで行われた第30回イスファハーン国際青少年児童映画祭に招待され、現地にいってきました。イラン映画には多大な影響を受けたので、自分の映画を上映できたこと、たくさんの方々に見てもらえて貴重な経験でした。とても大規模な映画祭で、日本でイランに関するニュースが報道される時はネガティブな情報ばかりですが、イスファハーンは本当に平和な都市でした。



『せんそうはしらない』の写真を、映画祭が毎日発行する冊子の表紙にもしてもらえて、たくさん現地の方から感想も聞かせてもらえました。


・以前もご紹介した、どなたでも気軽に上映会ができる/行けるサービス"Popcorn"の作品リストに『僕はもうすぐ十一歳になる。』が登録されています。8/26(土)夜には佐賀県で上映を企画していただいています。
https://popcorn.theater/films/76




2017年6月19日月曜日

オール韓国語新作短編『憧れ』、間もなく完成!(その他近況)

4月から5月に韓国・釜山に3週間滞在し、新作短編『憧れ』("Here and Here")を監督してきました。
ブルガリア・アイルランド・スコットランドの監督も一緒に3週間同じ場所に滞在し、交流を深めながら準備・撮影・編集・上映までを滞在中に行いました。
完成した作品は釜山映画祭でおなじみの「映画の殿堂」で行われたUnesco Busan Inter-city Film Festivalで上映されました!
今後、国内外に広めていくために現在編集を進めています。





釜山から帰国後、間髪入れずに香港に行き、日本・台湾・香港合作企画"All That Remains"の脚本会議に1週間行ってきました。
景観と人の心の関わりを描く作品ということで、香港のシンボル・獅子山(Lion Rock)に登ってきました。虹が見え、企画の未来を示してくれているようで感動しました。




2015年に監督した『せんそうはしらない』がイランで開催される第30回イスファハーン国際児童青少年映画祭で上映されることになりました。イランは子ども映画で映画産業が発展した国で、今回の入選はイラン映画に多大な影響を受けてきたので本当に嬉しいです。映画祭から招待を受けたので、現地で様子を見てきたいと思います。
また、『せんそうはしらない』はamazon videoで間もなく配信されます!詳細は追ってお知らせいたします。





その他、ワールド映画コラム「旅と映画」を秘境旅行のパイオニア・西遊旅行HPで、書評をダ・ヴィンチニュースで書いています。よろしければ覗いてみてください!




2016年11月20日日曜日

巨匠トラン・アン・ユン監督のワークショップに参加してきました

ベトナムのダナン・ホイアンにて、『青いパパイヤの香り』『夏至』『ノルウェイの森』などを監督した巨匠トラン・アン・ユン監督のワークショップにみっちり約10日間参加してきました。

監督の奥さんで女優のトラン・ヌー・イエン・ケーにもお会いできました。


ハイライト映像はこちらから↓

憧れの監督に指導してもらえるだけでなく、今までの作品やこれからの企画についても意見をもらえて、得難い経験となりました。




2016年10月14日金曜日

釜山映画祭に行ってきました!

アジア最大映画祭・釜山映画祭期間中に日本・台湾・香港合作での新企画
"All That Remains"の売り込みでビジネスミーティングやプレゼンを重ねてきました!
数年時間がかかるかもしれませんが、釜山映画祭で上映されるような作品を目指して鋭意製作中です!












2016年10月2日日曜日

次の上映は10/8 夜空と交差する森の映画祭にて!

アジアフォーカス・福岡国際映画祭での上映、お越しいただいた皆様ありがとうございました!


次の上映は10/8 山梨県にて野外上映!
それに伴い映画レビューサイト"Filmarks"に『せんそうはしらない』の情報が登録されました。
ご覧頂いた方はぜひご感想を、10/8にご覧頂く方はぜひ見た後にご感想を教えて頂けるとうれしいです!
https://filmarks.com/detail/70152


[上映情報]
10/8(土)19:40-20:00から
山梨県 白州・尾白の森名水公園べるがにて野外上映
@ 夜空と交差する森の映画祭
http://forest-movie-festival.jp/timetable.html


2016年9月5日月曜日

『ぼくじゅう』上映@記憶の蔵、『せんそうはしらない』上映@大塚モスク、ありがとうございました!

9/3は2作品上映がありました。

『僕はもうすぐ十一歳になる。』上映@記憶の蔵、2年ぶりに会う主演の響己くんを谷中商店街に連れ回し、上映では懐かしい話をまじえながらトーク!




しばらく上映の予定はございませんが、ストリーミング購入はひき続き下記リンクから可能です。
https://loadshow.jp/films/67
また、今回のような自主上映のお問い合わせも常に受け付けております。お気軽にお問い合わせくださいませ!


『せんそうはしらない』大塚モスク上映は本当にたくさんの方々、ムスリムの方々にご覧頂きました。20分の作品なので気軽に見てもらえて、ムスリムの少年が「電車だ!」とか「終わっちゃったー!」と言いながら見てくれて、広めるのがなかなか難しい短編映画の可能性を感じれた上映でした。



『せんそうはしらない』、今後も上映が続きます!

9/11 (日) 14:30
第12回香港InDpanda電影節
場所:MCL德福戲院 (MCL Telford Cinema)
http://bit.ly/indpanda



9/18(日) 20:00~
アジアフォーカス・福岡国際映画祭「ショートナイト アジアセレクション」
会場ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
http://www.focus-on-asia.com/lineup/



10/8(土)18:30から
山梨県 白州・尾白の森名水公園べるがにて野外上映
@ 夜空と交差する森の映画祭
http://forest-movie-festival.jp/timetable.html#timetable0


2016年8月28日日曜日

「せんそうはしらない」、福岡インディペンデント映画祭での上映終了!

「せんそうはしらない」、福岡インディペンデント映画祭での上映終了!どうもありがとうございました!
そして来月も9/18(日)20:00より、アジアフォーカス・福岡国際映画祭「ショートナイト アジアセレクション」内にて上映させて頂きます!
香港・ベトナムの監督は、先月韓国・プチョン国際映画祭で一緒のワークショップだった監督たちで、作品選考・字幕翻訳(英語→日本語)にも初挑戦させて頂いています。


上映情報のまとめ、こちらをご覧ください。

「せんそうはしらない」
◯9月
9/3(土)17時から
東京・大塚モスクにて、無料上映
http://www.islam.or.jp/contact/access/
ムスリム以外の方も歓迎です。
モスクに見える場合は、女性の方は、スカーフを持参してくだい。
男性は、半ズボンは不可です。


9/11 (日) 14:30
第12回香港InDpanda電影節
場所:MCL德福戲院 (MCL Telford Cinema)
http://bit.ly/indpanda

◯9月18日(日) 20:00~
アジアフォーカス・福岡国際映画祭「ショートナイト アジアセレクション」
会場ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
http://www.focus-on-asia.com/events/

◯10月
10/8(土)18:30から
山梨県 白州・尾白の森名水公園べるがにて野外上映
@ 夜空と交差する森の映画祭
http://forest-movie-festival.jp/timetable.html#timetable0


予告編



『僕はもうすぐ十一歳になる。』(2014 / 75分)
日付:9月3日(土曜日) 13時30分〜16時
場所:千駄木の「記憶の蔵」(千駄木5-17- 3 団子坂を上がり、三河屋小林酒店を見て、右折→児童遊園・介護ステーション「きょうわ」の路地を入った先)
会費:1500円(上映後、神保監督との意見交換あります)
●暑い最中です。ドリンクなど各自ご用意ください。
● 参加される方は、山本浩輝(yama.design316@gmail.com)までご連絡ください。当日の緊急連絡先:山本(080-1298- 1294)、おおたけ(090-6036-1892)